大阪のちょんのま、松島新地を語る

初めて遊んだちょんのま、松島新地を中心に体験談などを交えて語るブログです。

072
飛田新地にもよく出かけるんですが、やっぱり最初に遊んだ新地が松島新地でありますので飛田新地にいい子がいそうにないとき、時間があれば足を運んでおります。松島新地はたいていシャワーがありますのでプレイ前、プレイ後シャワーを浴びるのがふつうであります。でもある料亭で遊んだ時なんですがちょっと腑に落ちない言葉を言われたのでそのお話を。その前に料亭を入ると部屋には女の子と一緒に入るのがふつうですよね?その料亭は仲居のおばさんに案内されて部屋に入りました。そして料金の説明とか女の子に対するプレイの注意点を言われてお金を受け取ってしばらくして女の子が来ました。これ自体確かにしっかりしてそうに見えますが私としては女の子に部屋を通されたいですね。女の子によっては腕をつかんで案内してくれるコや私みたいに部屋に入ってすぐキスしたり抱きついたりしたいですし。で、説明のなかでプレイ前、プレイ後はシャワーを浴びますとか言ってましたが一応わかりましたと言いましたが、プレイ中に疲れていたのかいくことが出来なく女の子が「そろそろシャワーいかないと」というんで「プレイ後のシャワーはなしでいいからもう少しプレイ続けて」というとそのコ「プレイ後の私がシャワーする時間も入ってるんで」なんていうんです。おかしくないですか?お客さんがシャワーをしてもらう時間じゃなくて女の子のシャワーする時間って。しかもそれをはっきり言うんで少しカチンときたんですが。女の子はお客さんが帰ったあとシャワーするならしたらいいじゃないですかね?まあその料亭はしっかりきっかりし過ぎてるみたいですのでもう行きませんがね。探せばたとえブザーが鳴ろうとも気持ち良く何とかいってもらおうと励まして少々時間を見てくれるコもいるし料亭によってさまざまですから。

073
まあ部屋の雰囲気はこんな感じですかね。せんべい布団が引かれてましてそこでまあ一戦交えるわけです。松島新地の昔は今ではありえませんが20歳未満が働いていたコもいました。で、なんと仲居のおばさんが「この子18歳で高校出たばっかりよ」なんて言って呼び込みしてました。実際はどうだったか知りませんが。この時の募集広告も20歳以上って書いていたような・・・でも2ちゃんかなんかでウワサがあった料亭は本当に20歳未満の女の子を雇ってましてあまりにも目立っていたんでしょう、のちに警察に営業停止処分かなんか受けてました。まあ数か月もしないうちに屋号が変わって営業再開してましたけどね。松島新地を皮切りに飛田新地も知り、かんなみ新地、滝井新地、信太山新地と探索し遊びましたねえ。あっと一度だけですが京都の五条楽園も行きまして着物姿の女性と遊びましたよ。周辺を歩いただけですが今里新地も行きましたかね。そうそうもう少し早く新地のことを知っとけば奈良にあった岡町新地で遊んでみたかったなあ、なんせ一発5000円で遊べたそうです。ただし女の子はアジアのフィリピンの女の子が大半だったそうですが。フィリピーナが日本で働くのがブームになってた時代でしたから。ここも派手にやりすぎて警察によって壊滅させられたんですよねえ壊滅後しばらくして、一度どんなところか見に行ったことありますが料亭のおもかげこそあれほとんど人は通っておらず廃墟の町みたいでした。ただ、どこかの道を奥に入っていくといかにもヤ〇ザの事務所がありました。とっとと目をそらして去りましたが。ひやひやもんでした。

047
045
さて、前回書いた内容によって松島新地がどういうところか知ったのでありまして、その後大阪MAN-ZOKUニュース(今はないんでしょうが)なるエッチ情報が主体の新聞でちょんのま特集もありましていろいろちょんのまのこと、新地のことを知り、お金を持っていざ松島新地へ出かけました。で、どこで遊ぼうかいろいろ料亭の女の子も見ながら選んでいたわけですが、確か「成龍」だったと思うんですがそこになかなかかわいい女の子がいましたので入ってみることにしました。で、入ってどうするんだろうなあと思っていたらその女の子もまだ入って3日目くらいの素人みたいなコでオチンチンをさわさわして触るくらいしかしてくれませんでした。で半立ちになった時にそのコ、スキンを私に渡したあとそのまま寝転んでしまったのです。私もまったく初めて遊びにきたものだったので少し面喰ってしまい、ゴムをして必死で立つようにしごくんですがなかなか立たず結局挿入をせずに時間切れになってしまいました。その後、リベンジでもう一度この子のところに行ってSEXを試みたのですがうまくいかずこのままではもう新地で遊べないのではないのかと不安になり、次はいかにも数か月以上働いているようなお姉さん系の女の子と遊びなんとか挿入でき、発射することも出来ました。それからしばらくはストリップに行きながらこのころ全盛の風俗遊びの一つ、ピンサロに行くことが多く新地に出かけることはほとんどなかったです。ただピンサロって生フェラが主体で女の子によってはチンチンの先端をしゃぶればいいなんて思ってそこしか責めないコもいてだんだんこのままピンサロばっかり遊んでいたら気が狂うと思いやっぱSEXをしてこそ遊びだと思い始め再びちょんのま遊びを再開するのであります。

このページのトップヘ