大阪のちょんのま、松島新地を語る

初めて遊んだちょんのま、松島新地を中心に体験談などを交えて語るブログです。

037今年もブログを続けていけるよう新地遊びに励みたいと思います。飛田新地に主に出かけることが多いのですが、やはり中華圏からの爆買い観光客により世界でも有名になっている飛田新地は店数も多く女の子を選べる選択が多く、別ブログで書くことが多いのですが、こちらはそれ以外の新地、主に松島新地を中心に書いていこうと思います。ちなみに画像は松島新地内のいわゆる飛田新地でいう「青春通り」といったところでしょうか。特に右側に並んでいる料亭には結構飛田新地の青春通りの女の子に負けない容姿をした女の子もいますので見るだけでも楽しめると思います。今年一発目正月明けに松島新地に遊びに行ったのですがお気にの子が休みだったので代わりに遊んだ子のことを書こう・・・・・・・と思いましたがそれはまた次回。

039

2015年のちょんのま遊びを思い返してみようと思います。他のブログに書こうかと思いましたがライブドアブログアクセスアップのためにここだけに特別に。2015年、正月明けに出勤するとの電話で確認して会えるのを楽しみにしてた飛田新地 料亭「香」まいちゃん。結局会えず辞めてしまったあとも復活するのを夢見て何度も店の前を通った1月・・・・・。まいちゃん目当てなのが分かっているのかほかの女の子が入ってきても声すらかけない仲居のお姉さん。しばし料亭「香」を忘れ他の料亭を探していたとき見つけた良嬢、それが料亭「藤富」のイチコちゃん。台湾から日本語を勉強しに来たとのことで日本語も片言、でも入りたてでNGプレーがなく生ハメも出来た・・・・・。しばしお気ににするもだんだん知恵をつけられある時からノースキン拒否。それでも数回抱いたがいよいよ私を見かけても顔をそむけるように。代わって同じ店の源氏名「奈々ちゃん」と遊ぶようになる。その頃はほかにも数人違う料亭で遊んだが料亭名だけいうと・・・・「貴久」「洛陽」「紫乃」「松風」「仁」「天摩翔」「青龍」。松島新地にも顔を出してましたが飛田新地のほうが多いですね。夏も終わり9月10月くらいですかね、飛田新地でお気にの一人を見つけ奈々ちゃんと名前がかぶることから料亭「藤富」の子とは遊ばなくなり、同じ時期に松島新地にも一人お気にを見つけ、続けざまに飛田新地でもう一人お気にを見つけました。もちろん上にあげた料亭のほかにいくつか遊びめぐりまして見つけたわけですが。あ、そうそう運よくかんなみ新地では初めてのお客さんとして20歳の女の子と遊べましてお気にとしています。まあこの子はちょっと風俗慣れしてきて来年早々お気にから外すかもしれませんが。あと今年中に一度は行ってみようと無理していったのが滝井新地。行ってみるとある料亭に2人若い子がいましてその一人と遊びました。30分14000円のは変わっていませんでした。来年は飛田新地のお気にを中心に遊びを続け、お気にの休みを利用し、松島、かんなみ新地のお気にとも遊んでいきます。久しく出掛けていない最安値の新地、信太山新地にも是非足を運びたいですね。それではまた来年。

このページのトップヘ