大阪のちょんのま、松島新地を語る

初めて遊んだちょんのま、松島新地を中心に体験談などを交えて語るブログです。

タグ:香

039

2015年のちょんのま遊びを思い返してみようと思います。他のブログに書こうかと思いましたがライブドアブログアクセスアップのためにここだけに特別に。2015年、正月明けに出勤するとの電話で確認して会えるのを楽しみにしてた飛田新地 料亭「香」まいちゃん。結局会えず辞めてしまったあとも復活するのを夢見て何度も店の前を通った1月・・・・・。まいちゃん目当てなのが分かっているのかほかの女の子が入ってきても声すらかけない仲居のお姉さん。しばし料亭「香」を忘れ他の料亭を探していたとき見つけた良嬢、それが料亭「藤富」のイチコちゃん。台湾から日本語を勉強しに来たとのことで日本語も片言、でも入りたてでNGプレーがなく生ハメも出来た・・・・・。しばしお気ににするもだんだん知恵をつけられある時からノースキン拒否。それでも数回抱いたがいよいよ私を見かけても顔をそむけるように。代わって同じ店の源氏名「奈々ちゃん」と遊ぶようになる。その頃はほかにも数人違う料亭で遊んだが料亭名だけいうと・・・・「貴久」「洛陽」「紫乃」「松風」「仁」「天摩翔」「青龍」。松島新地にも顔を出してましたが飛田新地のほうが多いですね。夏も終わり9月10月くらいですかね、飛田新地でお気にの一人を見つけ奈々ちゃんと名前がかぶることから料亭「藤富」の子とは遊ばなくなり、同じ時期に松島新地にも一人お気にを見つけ、続けざまに飛田新地でもう一人お気にを見つけました。もちろん上にあげた料亭のほかにいくつか遊びめぐりまして見つけたわけですが。あ、そうそう運よくかんなみ新地では初めてのお客さんとして20歳の女の子と遊べましてお気にとしています。まあこの子はちょっと風俗慣れしてきて来年早々お気にから外すかもしれませんが。あと今年中に一度は行ってみようと無理していったのが滝井新地。行ってみるとある料亭に2人若い子がいましてその一人と遊びました。30分14000円のは変わっていませんでした。来年は飛田新地のお気にを中心に遊びを続け、お気にの休みを利用し、松島、かんなみ新地のお気にとも遊んでいきます。久しく出掛けていない最安値の新地、信太山新地にも是非足を運びたいですね。それではまた来年。

015
さすがに女の子が座っている状態を正面から撮影はできませんが人通りの少ない朝方に撮ってみました。自動販売機や自転車がなければ昔の風情を感じる建物ですねえ、お店が開くと玄関先に仲居のおばさんがいて少し奥に女の子が一人座っています。料亭の店によっては数人の女の子がいて5分から10分おきに交代で座ります。気にいったコがいれば仲居のおばさんと話をして上がります。料金は若い子の多い青春通りエリアは20分16000円、ちょいと年増のおんなが多い妖怪通りエリアが20分11000円。ただし料亭やその日の客の歩いている数によって仲居のおばさんの気分でおまけあり(それが時間の延長の場合と1000円安くなる場合とあり)頑張っていろんな料亭を回っていい子を探してください。いろんなタイプと年齢がいていいですよ。飛田新地は。

001
まあ飛田新地に行く前にちょくちょく寄るようになりましたね。ドン・キホーテ。ええものできましたなあ。マルハンというパチンコ施設だけできると思っていたら激安の殿堂が来るんですからね。さぞかしスーパー玉出は売り上げ下がったんじゃないでしょうか。飛田新地近辺に知ってるだけで3店舗ありますからね。おっと一つはちょいと離れてるかな。ここのドン・キホーテがいいのはメガドン・キホーテというところやな。安い品ぞろえ豊富やからな。飛田新地行く前にここで弁当買って待合室のソファーで飯食って腹ごしらえして一発しにいくのもええかもよ。

このページのトップヘ